思いっきり楽しむことが最高の学び。感動を創造するプロになれ! 大阪観光専門学校
学校の最新NEWSをみんなにお届け! 観ちゃんエクスプレス
大阪観光専門学校から、今年も狭き門である鉄道関連企業に内定者が続出!
先輩たちの喜びの声と内定獲得の秘密を一部紹介します。

芳野 今回、山村君はJR東海、奥村君、住広君、山根君はJR西日本と、第一志望だった鉄道会社への就職内定を果たしたわけだが、もともと鉄道の仕事に惹かれたきっかけは何だった?

:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:

山村 先生と学生との間に距離がなくて、意欲をもって取り組む学生に対しては 熱心にサポートしてくれるのが、大観のいいところ。

山根 「国内旅行業務取扱主任者」資格に加えて「一般旅行業務取扱主任者」や「AXESS実用検定」など、いろんな資格の勉強ができるのもいいですね。

芳野 JRの内定獲得では、どこがポイントになった?

山村 資格の有利さはあったと思います。

山根 親の実家が島根県でなじみがあったので、入社試験は米子で受けました。
求人・応募状況の違いから、地域的な有利さも
あったかもしれませんね。

奥村 自分の熱意を伝えることができたことです。

住廣 アルバイト先で「笑顔がいいね」と 言われていたので、そういう部分をアピールできればな、と思ってましたが、わかってもらえたんでしょうね。

芳野 JRで実現したい夢は?

山村 JR東海に入れたのだから、東海道新幹線で運転士としてバリバリ働きたい。

奥村 京阪神地区勤務なので、新快速の運転士として活躍したい。

住廣 もちろん、憧れの山陽新幹線で力を発揮することです。

山根 鉄道の仕事を通して、山陰地方に多くのお客さんを呼び込む働きがしたい。

芳野 夢実現への第一歩はもう達成した。
今後も実力をフルに発揮して、夢の完成にチャレンジしてほしい!



 
山村 そうですね、幼稚園の頃、大阪駅で特急「雷鳥」の運転席を見せてもらったことかなあ。

奥村 ものごころ付いた時には好きになってましたね。高校時代は鉄道旅行を楽しんだり。

住廣 広島市の北西にある湯来町の出身で、鉄道を利用するチャンスは少なかったんですが、その分遠出する時に見た新幹線はとっても魅力的で、いつかあそこで働ければ、と思っていましたね。

山根 静岡出身ですが、駅でおおぜいの乗客を相手にがんばっている駅員さんの姿に接して、魅力を感じました。「多くの出会いがある仕事なんだな」って。

芳野 みんな、鉄道の仕事に夢を抱いていたわけだ。
大阪観光専門学校を選んだ理由は?

住廣 鉄道の仕事に進める学校はないかなと思って探したら、大阪では大観が見つかりました。
東京や名古屋の学校も見学しましたが、地元にいちばん近く授業も面白そうだったので、大観に決めました。

奥村 体験入学での「鉄道クイズ大会」が印象的でした。「○駅から×駅までの所要時間は?」とか。
みんな熱中していて楽しかった。

山村 「南海電鉄の千代田車庫を見学」という校外体験に参加しました。
先生方がとても熱心で、「大観なら面白く学べそう」なことが実感できました。

山根 進路についてはいろいろ考えましたが、就職実績の良さが決め手になりましたね。

芳野 実際学んでみて、感じたことは?

山村 鉄道や旅行の知識、英語、パソコンなどいろいろ学んだけど、一番は「国内旅行業務取扱主任者」資格の勉強をしっかりやったこと。
資格を取っていたことが、今回の内定にもつながったと思います。

芳野 資格取得は、1年の時の最大のテーマだね。最近の鉄道会社、特にJRなどでは、広く旅行業関係の業務に対応できる人材を求めているから、この資格をとっておくことは大きな力になる。

山根 日本航空のオンラインシステムにアクセスして航空券の予約・発券業務を学ぶ「AXESS実習」は、駅業務の現場にもつながる貴重な経験でした。

住廣 それまでよく知らなかった旅行業など、鉄道を取り巻く世界を学んで、視野が広くなりました。

奥村 就職対策の授業で十分な準備が出来たのが、とてもよかった。
エントリーシートや履歴書の書き方はもちろん、面接のトレーニングもしっかりできました。
面接は自分としてはいちばん不安な部分でしたが、先生方に納得いくまでサポートしてもらい、自分の気持ちをはっきり伝えることができるようになりました。